医院案内

当院の特徴

大倉山で50年以上!地域に根差した医院

大倉山で50年以上!地域に根差した医院

父の代から、ここ大倉山で診療に取り組んでいます。50年以上の歴史がある当院は、地域の皆さまの「かかりつけ医」として信頼を得ています。

大倉山のクリニック同士の連携も深いため、患者さんの症状に合わせ、適切な医療機関への紹介もスムーズに行うことができます。

最新機器を使用!痛くない胃カメラ

最新機器を使用!痛くない胃カメラ

当院の内視鏡は、従来の口から入れる内視鏡だけではなく、鼻から入れる細径「経鼻内視鏡」を導入しています。チューブ自体の太さも細いため、嘔吐反射や痛みが軽減されています。鎮静剤など使用せず負担が少なく 自ら検査中に観察説明が聞けますので今まで胃カメラが苦手だった方にもおすすめです。ただし鼻腔が狭かったり軟骨が硬く挿入困難な方は経口に変更も可能です。

大倉山駅から徒歩3分!家族みんなで通える医院

大倉山駅から徒歩3分!家族みんなで通える医院

当院は大倉山駅から徒歩3分なので、通勤・通学帰りの方でも気軽に通える、アクセスしやすい立地です。また、院内はバリアフリーなので、車いすやベビーカーの方でも安心です。感染症患者のための「隔離待合室」を設置し、院内感染防止にも努めています。

地域の皆さまが気軽に通っていただける、ご家族みんなで通える医院です。

院長紹介

ご挨拶

ご挨拶①

当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。院長の荻原 泰(おぎはら やすし)です。

父である先代の院長が、この大倉山に「荻原医院」を開業して50年余り。法人化して30年、私自身も、当時は畑が広がっていたこの土地で生まれ、地域の皆さまに支えられながら医院と共に育ってきました。

医院を引き継いでからも、地域の皆さまの「かかりつけ医」として、父が長年築いてきた信頼をさらに深めていくため、日々の診療にあたっています。

特に、胃カメラなどの内視鏡検査には早くから携わっており、専門医としても経験を積んでいます。現在は、近隣の7つのクリニックから内視鏡検査の依頼を受けています。新しい機器や知識もいち早く取り入れ、患者さんの負担の少ない、苦しさや痛みを軽減する検査に取り組んでおります。

ご挨拶②

当院には長い歴史があるため、大倉山にある他のクリニックとのつながりも古くからございます。患者さんの症状をみて、必要であれば適切な医療機関への紹介も行っておりますので、ご安心ください。

内科の病気は、目に見えにくく、はっきりした症状があらわれにくいことがあり、発見するのが難しい場合もあります。近年、医療技術の発達により、早期発見できれば治る病気も増えてきました。だからこそ、「かかりつけ医」を決め、日頃から検診を受けるようにしましょう。

今後とも地域の皆さまの健康をお守りするべく、診療を続けてまいります。「かかりつけ医」をお探しの方、胃や大腸に関して不安がある方は、当院までお気軽にご相談ください。

略歴

1981年 東邦大学 医学部 卒業
同年6月 医師国家試験 合格(医師登録番号 262053号)
東邦大学医学部付属大橋病院(現・東邦大学医療センター大橋病院) 研修医
1983年 東邦大学付属大森病院 第二内科 研究生
1984年 国立がん研究センター 研修
1985年 済生会 若草病院(第二内科より出向)
1988年 東邦大学 医学部 助手(第二内科)
1990年 済生会 横浜市南部病院 出向
1991年 済生会 横浜市南部病院 医長
1992年1月 東邦大学 乙号 1534号 学位取得
1993年 済生会 横浜市南部病院 消化器診断センター長
1995年 東邦大学 退職 総合診療科非常勤講師
1996年 医療法人社団 荻原医院 副院長

医院紹介

医院名 医療法人社団 荻原医院
診療科目 内科・消化器内科
所在地 〒222-0037
神奈川県横浜市港北区大倉山3-7-17
最寄り駅 東急東横線「大倉山駅」より徒歩3分
駐車場 1台

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

※休診日:日曜・祝日
※水曜・土曜の診療は午前のみ
※木曜午前は、糖尿病外来もあり

お気軽にご相談ください

苦しくない胃カメラや経鼻内視鏡検査なら港北区大倉山の
荻原医院まで、お気軽にお問い合わせください。

pagetop